一十三十一 INTERVIEW

  • 2018/8/19

一十三十一 PROFILE.
札幌出身。2002年「煙色の恋人達」でデビュー。”媚薬系”とも評されるエアリーでコケティッシュなヴォーカルでアーバンでエキゾな独自のポップスを展開。2007年にはディズニーアニメ「リロイ&スティッチ」のエンディングテーマを歌う「JINTANA & EMERALDS」はじめ、別名義でのプロジェクト多数。CM音楽や ナレーションなど様々なフィールドで活躍中。2011年初夏より、初の主演映画「百合子、ダスヴィダーニャ」が海外でも順次公開中。オリジナル・アルバム『CITY DIVE』『Surfbank Social Club』と邦楽カヴァーアルバム『YOUR TIME route 1』をBillboard Recordsよりリリース。

 

 

 

 

■ 幼い頃から世界各国を廻り、短大卒業後にNew Yorkで音楽活動してたそうですが、音楽との出会いや歌おうと思ったきっかけを聞かせてください。

ちょうど私の生まれた年から14年間、”BIG SUN”とゆう名のトロピカルアーバンリゾートレストランを両親が営んでいて、そこで流れる達郎さんはじめとするブリージンなソウルに包まれながら育ちました。それが私のルーツです。北海道にありながら我が家は常夏。とゆう「トリップ感」も、影響を受けていることのひとつです。

高校生の頃から兄と自宅地下で宅録開始。オリジナル作ってました。ハイティーン時代はジャズが好きでNew Yorkに行ったり。 帰国後、とあるクラブでのリハ時、たまたま忘れ物を取りに来た東京の某事務所の方に声をかけられ、デビューに至ります。

■ 2008年、喉にポリープがみつかり約1年後の復活Liveまでの心境や出来事を教えてください。

声帯ポリープ手術→妊娠→結婚→出産、、、一気に訪れた目まぐるしい2008年でしたが、産後4ヶ月で復帰出来たのも、家族やスタッフ、まわりの方々のサポートのお陰。いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
その後、ビルボードレーベルとの新しい出会い、2012年の「CITY DIVE」で本格復帰出来たことを嬉しく思います。

■ ニューアルバム「Snowbank Social Club」についてお聞かせください。

昨年夏に出した「Surfbank Social Club」に続いて、今回の冬の「Snowbank Social Club」、「Surf & Snow」の二部作になっております。 キラキラの大人に憧れていた80年代に影響を受けつつ、クラブミュージックを通過した現代のシティーなポップス。 Surfの波打ち際に代わって、今回Snowはゲレンデや雪景色が舞台。

■ 今回のアルバム制作に至っての経緯は?

シーズンを楽しむ大人の音楽、ライフスタイルの提案。ホイチョイ三部作へのオマージュとゆう側面も。 Surfなアーバンをリリースするや否やすかさずSnowなアーバンをリリースするとゆう、色々な意味での「挑戦」。 冬だってアーバン。の提案。

■ 前作「CITY DIVE」の 80’s City Pop 観を進化させた作品という事ですが、詳しく聞かせて下さい

永遠のCITY BOY、お馴染みのクニモンド瀧口氏の安定感。そして、新しく、今をときめく若い制作陣と作りました。 彼らの醸し出すリアルタイムじゃない80’s感が新鮮で、それがより一層新しいシティーポップスを作ってくれてる。

■ 北海道 札幌市の出身ですが在住時代一番の思い出はなんでしょう?

雪景色。

■ 北海道出身として誇れる事や、離れて気づく事は?

大自然の美しさと共に生きる素晴らしさ。スケールの大きさ。

■ 最後にNORTH NAVIをご覧の皆様に一言お願いします。

「Snowbank Social Club」聴いて、寒くて長い冬もロマンティックにアーバンしてね。雪景色にぴったりなので。LOVE///

一十三十一 / Snowbank Social Club

発売日

2014.1.29

CD

HBRJ-1011 ¥2,700(税抜)

TRACK LIST

01. Snowbank Social Club 1
02. Catch Me in the Snow ~銀世界でつかまえて~
03. Night Flight Telephone Call feat. PUNPEE
04. Winter Rouge Mellow
05. Silver Wind ~移りゆく季節~
06. Snow Storm Loneliness
07. Frozen Horizon
08. Chocolate Neverland
09. Diamond Dust
10. Snowbank Social Club 2
11. Park Suite feat. BTB
12. Awakening Town

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る