下拓 INTERVIEW

  • 2018/8/20

下拓 profile.
90年代、HIPHOPシーン内外での良質なパーティーをリアルタイムで体感する貴重な経験を経て、2002年には関西最大級のHIPHOPパーティー「OSAKA SAFARI」をDJ GEORGEと共にプロデュース、 同パーティーは2011年現在、関西圏を越えて「TOKYO SAFARI」として不定期開催中、都内でも好評を得るなど、名実共に全国区の知名度を誇るBIG PARTYへと育て上げ、2011年には全国ツアーを成功させる。そして大阪HIPHOPシーンの聖地クラブ「AZURE」の土曜日のメインDJを10年つとめるなど、関西有数のTOP DJとして活躍する。
そして2007年からは活動の拠点を東京へと移し、2008、2009、2013年には「SPRING GROOVE」にも出演し、さらにUSENでMICHAEL JACKSON MIXを担当するなど、クラブ・シーンを超えたフィールドへ活動範囲を広げる。
2010年からは、プロデューサーとしても活動をはじめ、TARO SOUL、KEN THE 390、COMA-CHI、SKY-HI(AAA)、SWAY、MAY J、日之内エミ、宏実、BOXER KID、PETERMANなどに楽曲提供し、横浜アリーナで開催された「BEAT CONNECTION 2010」のタイアップ・ソング『Heart Beat / TARO SOUL & KEN THE 390 feat.May J.』の楽曲をもプロデュースしている。
2013年にはこれまでの活動で培ったセンス、人脈を活かし、「下拓」名義で第一弾にSHINGO★西成、DABO、BESを迎えた『DON`T FORGET』、第二弾にKIRA、CHEHONとの『LIFE GOES ON』、第三弾には、GAZZILA、JAGGLA、HIDADDY、遊戯、ISSEI 、ARMSTRONGを迎えた『Kansaiiii 下拓Remix』、第四弾では、KIRA、KOPERU、APOLLOを迎えた『HEY!!!!』をリリースさせ、どの楽曲もインディーズながらiTunesのジャンル別チャートで必ず上位にランクインさせる。
そして2014年10月22日にメジャー第1弾配信シングル『ロック・ザ・パーティー feat. SWAY, Staxx T(CREAM), APOLLO, 寿君, KIRA』をリリースし、iTunes HIP HOPチャート、レゲエザイオン・チャート共に1位を獲得!「DJ」のNEXT LEVEL無限の可能性を感じさせる数少ないアーティストの一人として、大注目を集める逸材である。

 

 

1stアルバム「#シモタクナウ」のリリースおめでとうございます!DJからプロデューサーというフィールドに活動を広げて1つの節目になるかと思いますが、リリースを迎えての今の心境はいかがですか?

やっと形になったのでやってて良かったと思います。

アルバム全体を通して、また1曲1曲の中にも様々なクラブミュージックの要素が詰め込まれているという印象があったのですが、制作にあたってコンセプトなどはあったのでしょうか?

俺自身歌ってるわけではないので全シングルな勢いで作っています。高いお金払って買ってくれてるからこそ無駄な曲はいれないでおこうと決めていました。後はイントロにインパクトをつけてます。自分が曲CHECKするときでもイントロがいけてなかったらその先聞かないのもあるので。

DJならではの視点ですね!今回のアルバムに収録されている楽曲は実際にCLUBでPLAYされることも想定して制作されたのでしょうか?

もちろんです!!そもそも自分がかけたいって曲を作ったんでね。自分の曲で盛り上がるんが1番気持ちいいです。

HIP HOP、REGGAE、R&Bと各シーンの最前線から豪華アーティストが参加されていますが、みなさん以前から交流のあるアーティストだったのでしょうか?

そうですね。第一作というのもあって以前から交流あるアーティストに参加してもらいました。

今後の展開が非常に楽しみなのですが、DJとプロデューサーを両立する上で「下拓」の目指す場所とは?

大ホールでワンマン出来るようにがんばってます!!
後は普段音楽聞かない人にでも浸透されてるアーティストになりたいです。

今後の活動内容について教えて頂けますか?

またALL DUB MIXも出そうと思っているのとツアーも企画中です。

最後に “NORTH NAVI” をご覧の皆様にメッセージをお願いします!

読んでくれてありがとうございます。
これからも下拓のサポートよろしくです!

 

 

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る