CREAM INTERVIEW

  • 2018/8/19

CREAM PROFILE.
シンガーソングライターのMinami(ミナミ)と、ラッパー / トラックメイカーのStaxx T(スタックス・ティー)が結成したニューグループ、CREAM(クリーム)。メインストリームを主軸に、EDM、POP、HIP HOPまでを網羅し、他にはないサウンド”NEW J-POP”を作り出す、1ヴォーカル&1MCのマルチユニット。 個々でも、TERIYAKI BOYZ®やVERBAL、AKLOへのフィーチャリング参加、m-floや安室奈美恵、BoA、V6、Hey! Say ! JUMP、JASMINEといったアーティストへの詞曲提供など、クリエイターとしても精力的に活動している。 自らYouTube上に立ち上げたチャンネル”CREAM VISION”では、オリジナル楽曲やライブ映像のほか、名曲のカバーやリミックスなど、幅広い選曲で動画をアップし続け、トータルビューは2,300万回を、チャンネル登録者も7万人を突破し、現在も記録を伸ばし続けている。 2013年1月23日、テレビや衛星波で11のタイアップ、ラジオは全国で20にも及ぶパワープレイを獲得し、USEN HIT J-POPランキング1位となったリードシングル「Shooting Star」の先行リリースを経て、2013年2月27日にアルバム『DREAMIN’』でメジャーデビュー。iTunes総合チャートでも1位を獲得したほか、全国24都市29公演にも及ぶ『DREAMIN’』リリースツアーを敢行した。 同年7月17日には、EDMを巧みに取り入れたサマーアンセム「Wonderland」を引っさげ、サマーソニック、TOKAI SUMMIT、Sunset Liveなど全国11会場での夏フェスに出演。11月27日には、2ndシングルとなるミドルバラード「Beautiful」をリリース。年末には、プロジェクションマッピングされた大阪城でカウントダウンライブに出演するなど、年間100本ものライブをこなした。2014年4月30日には、待望のセカンドアルバム『#nofilter』がリリースされた。

 

 

 

 

■ Personal Profile

Staxx T(スタックス・ティー) – Rapper:プロデュース / 作詞 / 作曲 / 編曲
大阪生まれ大阪育ち。幼少の頃からピアノを習い、両親の影響でソウルミュージックを聴いて育つ。 15歳の頃にHIP HOPと出会い、マイクを手に取りクラブでのライブ活動を始める。その後、トラック等も含め完全セルフプロデュースをするようになり、同時期にヒップホップファッション誌「TIGHT」マガジンの大阪代表として特集される。また、ファッション誌「411」のコーナー「ラジャスタ」では、アパレルショップ「Serious, Inc.」専属モデルを務めた。また、DJ MASTERKEY / コカ・コーラ主催、10代限定のライブバトル「Teens Creation 2005」のMC / VOCAL部門においては、見事優勝を果たし日本一の座を獲得する。
近年では、TERIYAKI BOYZ® 「Even More」や、「REVOLUTIONS / 【REVOLUTIONS】SP “Break The Wall” feat.V6 & ☆Taku Takahashi (m-flo)」、その他アーティストの楽曲に作詞として参加。また、AKLOの「NEW DAYS MOVE (REMIX)」に、SALU、KOHH、SHIGO★西成らと共にフィーチャリング参加したほか、YORKの「Let it go!」では、SKY-HI(AAA)とも共演するなど、新世代ラッパーとして活動の幅を増やしている。

Minami(ミナミ) – Singer:作曲
香港生まれ。約8年間を香港で過ごし、英語と日本語を話すバイリンガル。 2009年10月にリリースされた、VERBALプロデュースのBoAシングル「BUMP BUMP! feat. VERBAL (m-flo)」では、VERBALからの直々の誘いによりコンポーザーに抜擢される。それをきっかけにソングライティング能力を開花させ、以降多くの作品に楽曲を提供している。さらには、2009年のTERIYAKI BOYZ®「Even More」において、作曲およびフィーチャリングボーカリストとして参加。 Kylie Minogue、m-flo、安室奈美恵、BoA、RYO the SKAYWALKER、JASMINE、童子-T、JORDYN TAYLOR、その他アーティストにも楽曲を提供している。

 

 

 

 

“CREAM”という名前の由来を教えてください。

– Minami –
〝CREative〟と〝teAM〟という、ふたつの単語を組み合わせてCREAMと名付けました。 セルフプロデュースはもちろん、他のアーティストの方に作品を提供したり、YouTubeチャンネル〝CREAM VISION〟を立ち上げたり、面白そうと思ったことは何でもクリエイティブにトライしていくグループでありたい、という意味が込められています。

音楽を始めたきっかけは?

– Staxx T –
「楽しい事を仕事にしたかったから」ですね。 どうせ同じ仕事なら、自分が好きでいくらでも頑張れる事を仕事にしたかったので、高校も行かずに音楽ばっかりやってました!

– Minami –
きっかけと言うきっかけは無いのですが、小さい頃から親に「大きくなったら、自分が好きな事を仕事にしなさい」と教えられてました。 子供の頃から音楽は大好きでしたし、中学校に入ってから合唱部に入ったりして、ますます音楽への興味が高まり、はじめてステージに立った時に人の注目を浴びる事にハマって、そこからやめられなくなりました。

楽曲を製作するときのこだわりは?

– Staxx T –
どんな楽曲を作る時でも、自分の色を出す。
他の誰かができる事を、わざわざ自分でやらない。

– Minami –
なんでもトライしてみる事、そして柔軟性を持つ事。
失敗を恐れず、とりあえずやってみるだけやってみて、それからカッコイイかどうかを判断するようにしてます。

CREAMの楽曲を聴いていると色々なジャンルの要素が盛り込まれているように感じますが、普段良く聴く音楽を教えてください。

– Staxx T –
Hip Hop、R&Bを一番よく聞くけど、EDMやTrapも聞きます。普段聞くのはほとんど海外のもの。 日本の音楽は、限られたアーティストのものしか聞かないです。

– Minami –
ジャンルは関係なく、その時にヒットしている音楽が好きです。わりとミーハーです(笑)。 アメリカのiTunesチャート / ビルボードチャートは、常にチェックしています。

メジャーデビューアルバム『DREAMIN’』と、今年4月にリリースしたセカンドアルバム『#nofilter』との違いを教えてください。

– Staxx T –
単純にCREAM自身のレベルが違うかな? あと、やっぱり「#nofilter = フィルターかけない」というコンセプトをかかげているので、よりCREAMがやりたいサウンドに近いもの、言いたい事をありのまま表現しています。

– Minami –
自信のレベルが違います。 作品を作る時は、常に100%の満足はしていません。 1枚目を出した時は、これ以上の物はできないという確信があった上でリリースしました。 今回のアルバムは、前回出したものよりも良いものにしようという気持ちが強かったです。 自分の中では、出来るかぎりの事をしたと思いますし、今CREAMが生み出せるものをすべて詰め込んだと思います。 すごく自信があります。

アルバム『#nofilter』で一番伝えたいことは?

– Staxx T –
他人が自分に対して「どうあってほしいか」よりも、自分が「どうありたいか」を何よりも大切に生きよう、って事ですね!

– Minami –
自分らしさは何よりも大切! 人生は一度きり、自分を愛する事によって人生は変わると思います。

LIVEをするときのこだわりは?

– Staxx T –
とにかくオーディエンスを巻き込む。 独りよがりなライブをしてもライブの意味はないので、遊びに来たみんなとの一体感を大切にしています。

– Minami –
日々色んな事があるかもしれないけど、ライブをする時はすべてを忘れて今を生きています。

良くも悪くも様々なジャンル (HIPHOP,EDM,R&B,HOUSE…etc) がMIXされている現在のCLUBシーンをどう思いますか?

– Staxx T –
良いところも悪いところもありますね。 より多くの人が、一カ所に集まって色んな音楽を聞いて楽しめる。 もちろん僕自身パーティー野郎なので、盛り上がってるクラブは楽しいけど、どこのクラブも選曲が一緒でつまんない。 それぞれのジャンルが、それぞれで盛り上がってた時代があったのに、今はオールジャンルが一番盛り上がってるので、もっとパーティーに個性があった方がリスナーの音楽へのこだわりや、価値観が磨かれるんじゃないかな?と思います。

– Minami –
素敵だと思います。 子供の頃に音楽聴く時って、ジャンルがHip Hopだからとか、POPだからとかで好きにならないじゃないですか? ジャンルどうこうではなく、カッコイイ音楽はカッコイイと思います。 ジャンル関係なく、新しい曲に出会える場でもあると思います。

影響を受けた、又は好きな音楽は?

– Staxx T –
Japanese Hip Hopから始まって、US Hip Hop(South & NYサウンド)ここは一番個人的に大きくて、CREAMを結成してからはEDMからも多大な影響を受けてます。

– Minami –
いっぱいあります! 洋楽だと、Mariah Carey、Ne-yo、Ashanti、最近で言えばBruno Marsなど。 邦楽だと、宇多田ヒカルさん、玉置浩二さん、m-floさん。 自分で音楽を作って、他のアーティストにも提供されてるアーティストは素敵だと思います。

北海道の好きな場所、好きな食べ物を1つずつ教えてください。

– Staxx T –
ラッキーピエロのハンバーガー。早く食べたい!

– Minami –
ソフトクリーム、乳製品。 あと、自然がきれい! CREAMの北海道ツアーで以前おじゃました時に車移動が多かったんですが、車の窓からながめる景色がきれいで癒されました。

今後の活動、動きなどを教えてください。

– Staxx T –
今年は海外進出を目標にかかげていて、すでに海外でのNAMA CREAMもやりはじめてます。 タイ、シンガポール、韓国に始まり、他にも色々な国に行きたいですね。 クラブツアーもあり、初のワンマンもありますが、個人的にはStaxx Tとしてのソロのラッパーの動きも活発にしたいなと。 現在フューチャリング参加で何曲かリリースしましたが、もっとガッツリやっていきたいな~と思っています!

最後に”NORTH NAVI”を見ている皆さんに一言お願いします。

– Staxx T –
CREAM TEAM HOKKAIDOのみんな!そして、CREAMをまだ知らない皆さん、これからはNEW J-POPの時代ですよ^^  ジャンルを飛び越えて、色んな音楽の要素をミックスした新しいサウンドを是非チェックしてみてください! まずは『#nofilter』を聞いてもらえたら、どういう事かわかると思います! 北海道のNAMA CREAMで会いましょう♪

– Minami –
北海道のみなさん!!CREAMの事を知らない方もいっぱいいると思いますが、そんな方は私達のYouTubeチャンネル〝CREAM VISION〟をチェックしてみてください。 オリジナル曲のPVはもちろん、カバーやドキュメンタリーなど、様々な映像がアップされてるので、皆さんに是非、見て頂けたらと思います!

CREAM / #nofilter

発売日

2014.4.30  CD&デジタル同時リリース

価格

CD + DVD / 3,300円 (税抜) 
CD / 2,500円 (税抜)

品番

CD + DVD / RZCD-59605/B
CD / RZCD-59606

CD TRACK LIST

01. #nofilter
02. Nobody
03. PARTY CHAKKA-MEN
04. Just Like You [Album Version]
05. Hobokano
06. Beautiful
07. WINNER
08. You Never Know
09. Forever Young
10. Wonderland
11. Hurry Up
12. Far Away
13. See The Light

DVD TRACK LIST

01. Nobody [Music Video]
02. Wonderland [Music Video]
03. Beautiful [Music Video]
04. Shooting Star [Music Video]
05. Beautiful (TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix) Lyric Video
06. Nobody [Behind The Scenes]
07. THROUGH MY LENS by 24young

コメントは利用できません。

今後のイベント

  1. sooogood! 「TOUR 2018」

    12月 20日 @ 6:30 PM - 10:00 PM
  2. SiM「15th ANNIVERSARY CLASSiCKS TOUR」

    2019年1月12日 @ 5:00 PM - 9:00 PM
ページ上部へ戻る