NEWS

HI-D PROFILE.
北欧はフィンランドにてUSビルボード誌クラブチャート第8位にランクインしたユニット3rd Nationの専属ダンスメンバーとして5年間の異国での活動を経て、日本でシンガーとしての道 を歩むことを選択する。男性を唸らせ、女性を魅了する「ダンサブルなステージング」と 「甘く繊細かつ力強い歌声」でライヴやフュー-チャーリングワークで話題となる。そして2003 年、Def Jam Japanから衝撃的なメジャーデビューを飾り、着々と活動の幅を広げてきた。以来、 現在に至るに8作のアルバム(Bestアルバムを含む)を発表する中、2005年にはカリスマラッパー“TWIGY”とのコラボレーション・アルバムを発表し、翌年には“木梨憲武”率いる“あじさい”のメンバーとしてシングルを発表するなど、自身本来の活動以外にもセンセーショナルな話題を提供してきた。 デビュー5周年を機に本格始動させたプロデュースワークでもその多彩な才能を活かし注目を集め、2008~2009年リリースのプロデュースコンピ「Special Calling」シリーズでは数々のトップアーティスト(AI, 青山テルマ, MAY'S, MAY J, twenty4-7等)とコラボ、全曲の作詞作曲をこなし、シーンに新たな希望と可能性を提示した。さらにここ数年Ms OOJA, 山口リサ, 宏実, meajyu, CHIHIRO, Licana等のSpecial Calling参加アーティスト達がチャートを賑わせ頭角を現していて、HI-D worksの影響力と育成能力の高さを証明している。100曲を超す確固たる客演worksで身に付けたスキルで各アーティストの「素の部分」や「ニーズ」を見極め、歌詞やストーリーに反映させるソングライティング能力はアーティストからの信頼度も絶大である。 男性R&Bシンガーのドリームチーム(Full Of Harmony, LL BROTHERS, HI-D, 三浦大知, Jay’ed, CIMBA, LEO, Lugz & Jera, TSUYOSHI, 真之介, MICHIYA )でユニット”SUGAR SHACK”を構成、 シーンに衝撃を与えた。 20011年12/23にはアルバム「It’s Not Over」をavexからリリースし、自身のスキルアップした世界感を発表している。 2011年HOODSOUNDに電撃移籍し、9/28にアルバム「MY WAY」をリリース。 2012年には海外prod.とのコラボも積極的に開始。タイ在住の米prod. Ajay(Jaycalo)プロデュース曲の「Won’t Fall」も2/8に配信リリースしている。 2013年、メジャーデビューから10年が経ったアニバーサリーイヤーに更なるクライマックスを予感させるニューアルバム『Love Life』を4/24にリリース。 唯一無二なスタイルを保ちながらも、自由な発想で新しい可能性を開拓しつつ、第一線で活躍し続けているシーン屈指のR&Bシンガーである 。





■ HI-Dという名前の由来についてお聞かせください。

ダンサー時代、FINLANDにいた時に恩師である3RD NATIONのボーカルのMAX C (Timati & Timbalandの"Not all about the money"に参加) に命名してもらった。





■ 音楽(BLACK MUSIC)との出会いはなんですか?

テレビのチャート番組でスティービーワンダーを知ったのが最初かな。

■ 2013.4.24.にアルバム「LOVE LIFE」をリリースしましたが、なぜこのタイトルに決めたのですか?

10周年の区切りのアルバムを制作するにあたって今までを振り返った時に1番感じたのが「LOVE」だったので...。

■ アルバムを制作するにあたっての拘りはなんですか?

10年のシンガーライフの中でもう1度R&Bに正面から立ち向かいたいと思った事。流行のサウンドと言うより自分の好きな"R&B"を貫きたいって意志を今の自分なりに表現した所かな。

あとはSNSや海外との交流を通して、海外のリスナーにも理解してもらえるように英語詞の曲も作ってみたくなったのと、英語にしてさらに世界規模で自分のソングライティング能力を試してみたかったからです。





■ フィーチャリングアーティストを使わなかったのはなぜですか?

今までフューチャリング参加曲の印象も強いかもしれないけど、ずっと聞いてきてくれてきたファンのみんなへのお礼もあるので「HI-Dだけももっと聞きたい」ってリクエストにも答えたかったし、このタイミングでボーカリストとしての可能性も見つめ直したかったので。

■ このアルバムで1番伝えたい事とは?

ズバリ「LOVE」です。

■ 北海道では何度もLIVEを行っていますが、お客さんの印象をお聞かせください。

北海道は本当にあったかくて楽しみたいって気持ちをステージにいるオレらにも表してくれるとても「愛」ある人達な気がします。




■ 北海道でお気に入りのスポットは?

今まで旅した北海道はどこも楽しくて1つになんて選べないけど、札幌の街を一人で 歩くのはかなり好きです。

■ 北海道で1番好きな食べ物は?

素材からどれも素晴らしい北海道ではなかなか1つに絞りづらいけど、個人的には 豚丼が好きです。

■ 今後の動き、活動、リリース情報などを教えてください。

もちろんこれからもシンガーとしてもソングライター/プロデューサーとしても活動していく けど、せっかく天からもらった才能を活かして作家や脚本家とかライターとかもしていきた いですね。

■ 北海道総合WEB SITE「NORTH NAVI」を観てくれてる皆さんと、北海道のみなさんへメッセージをお願いします。

みなさんとふれあえるようになってあっという間の10年でした。ありがとうございます。 これからも色々届けていけるようにがんばるので応援よろしくお願いします。


HI-D - Love Life -

    CDアルバム / 全10曲

    価格: ¥2,400(tax in)
    発売日: 2013.4.24
    型番: VFS-061



    ■ Track List

    01. STARS
    02. Sounds Like In Da Club
    03. Over Drive
    04. Must Be Love
    05. パズル
    06. Sound Check
    07. Space Ship
    08. be my baby ~ interlude ~
    09. Island Girl
    10. Won’t Fall (2013 re-edit ver.)
      

    HI-D Official Web Site  http://www.hi-d.jp

    取材協力:
    alife sapporo
    札幌市中央区南4条西6丁目 青山ビルB1F  more info>>

ようこそさっぽろ

PMF

初音ミク



supported


Sound Lab mole