NEWS

DJ SOULJAH PROFILE.
NYを拠点に世界各地でのクラブプレイはもちろん、各種ミックスCD / DVDの精力的なリリースにより、音楽業界でも一目置かれる「サムライDJ」。その求道者のようなストイックなまでの探究心と、幅広い音楽知識とスキルから、あの生きる伝説のDJキッド カプリが認めツアーへと同行させ、スウィズ・ビーツを始めとする世界でもトップクラスのプロデューサーから直々に"本物"とのお墨付きを得ている。そしてジェイ-Z, カニエ・ウエストのプロデューサーで知られるジャスト・ブレイズをして「俺が知ってる中でも最強の日本人DJだ」っと言わしめた程の実力者。世界のヒップホップ・ファンのバイブル的雑誌『THE SOURCE』誌において日本人としては初めて「リアル・ヒップホップ」と称され2回に渡り紹介されるという栄誉にも輝く。

これまで、エミネム主宰のラジオ番組「SHADE45」で日本人初となるゲストDJを務めた他、マンハッタン最大級のクラブ=AVALONでの毎週土曜日のレジデントDJ、またグラミー受賞アーティストのジョン・レジェンドやあの宇多田ヒカルのプロデュースで知られるスーパー・プロデューサーティンバランドを始めとするセレブのバースデー・パーティーのDJ等を歴任。50セント率いるG-ユニットを始め、ニーヨ、キーシャ・コール、バスタ・ライムス等 のスターが集結し、1万人以上の観客を動員したスタジアム級コンサートでもプレイ、音にはうるさく耳の肥えたNYのオーディエンスを唸らせただけでなく、アメリカの主要イベントWorld Music Conference(マイアミ), アメリカで一番の人気と歴史あるバスケット ボールコンファレンスCIAAのイベントへの参加、ラキム、スリック・リック、ビズ・マーキーなど、誰もが認めるヒップホップ・アイコン達との共演経歴を持つ。さらに、ファッション業界からの熱いラブコールを受け、Adidas, Puma, Nikeなどの大手企業イベントから、2009-2010年のNYファッション・ウィークにてトライベッカで行なわれたシュウ・ウエムラのファッション・ ショーのDJとして抜擢されるなど、クラブからセレブ系イベント、そしてファッション・シーンまで、全包囲的な活躍ぶりを見せている。

2009-10年にはマンハッタン・レコーズからミックスCD『THE EXCLUSIVES HIP HOPHITS 2』と『THE EXCLUSIVES HIP HOP HITS 3』をリリース。鋭い時代感覚に裏付けられたその確かな選曲センスを披露するだけでなく、本企画のためだけにヒップホップ界の最重要人物であるKRS・ワンを引っ張り出しプロデュースするという離れ業をやってのけ、彼のUSでの揺るぎない人脈と、新世代だけでなく先人達にも通用するホンモノのスキルをしかと見せつけた。  同CDは発売直後にオリコンのインディーズチャートで初登場3位という快記録を打ち立てている。ちなみに本曲はKRS-ワンのライブでも堂々のルーティーン・セット入りを果たし、ヒップホップ史上に残る最重要トラックスと横並びでパフォームされるという、日本人の手で制作されたトラックとしては過去に類を見ない程の快挙を成し遂げている。

また、プロデュース・チーム=CUT CREATOR$としての活躍も目覚ましく、オフィシャル・ミックスCDや前述のKRS・ワンを始め、Jay'ed、シュガー・ソウル、エイドリアナ・エヴァンス、マイクロフォン・ペイジャー等のプロデュース業も手掛けている。 さらにはトレンドの一歩先をひた走る彼のアンテナは音楽シーンのみに留まらず、ストリート・ファッション・シーンにおいてもその先見性を余すところなく見せつけており、プライムカッツ名義でNYでも話題騒然となったスタイリッシュな洋服デザイン を展開中。これまでにStussyやMasterpieceとのコラボレーション・アイテムを次々にプロデュース中、DJだけでなくトレンド・セッターとしての嗅覚も非常に高く評価されている。 八面六臂の快進撃が止まらないDJソルジャー、その多彩な活躍ぶりの最新情報は公式サイトにてチェック!


DJ SOULJAH OFFICIAL BLOG  http://ameblo.jp/djsouljah







■ DJ SOULJAHという名前の由来は?

当時NYCで買い付けの仕事をしていたんだけど、ボスの下で働くヤツのことをソルジャーって呼んでいて、昔から大好きだったレゲエの世界でも良くこの言葉を聞いていました。普通にソルジャーって書くとスペルが違うんだけど、スペルも変化させて自分のDJネームにしました。

■ 音楽に興味を持ったのはいつごろですか?

姉の影響で小学生の頃から洋楽を聴くようになって、兄の部屋にあったウーハーで爆音を鳴らすのにハマりました。自然とブラックミュージックと出会い、その頃は知識も全く無かったんだけどBEASTIE BOYSやGANGSTARRを聴いていました。

■ DJをやろうと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

もともとロンドンのファッションに興味があって、ACID JAZZやRARE GROOVEを聴いていたんだけど、その頃TVでDJが取り上げられることが結構あって、DJ HONDAさんやTA-SHIさん、DJ SACHIHO君などを見て興味を持ちました。たまたま同級生の家にターンテーブルがあって、適当にスクラッチをして遊んでいるうちに楽しくなり自分でもターンテーブルをGETしました。地元の宮崎では18歳くらいまでDJをやってて、NYCにはずっと行ってみたいと思っていたので19歳で初めてNYCに行きました。

■ NYCでDJをやる事になったきっかけというのは?

1つは、2003年に作ったネタ物のMIXが"THE SOURCE"に取り上げられて話題になって、ラウンジやBARなどでDJを頼まれるようになりました。もう1つは2005年頃ストリートで売ってたMIXがたまたま50 Centの手に渡り、知り合いを通じてG-UNITのPARTYでDJをやらないかと声がかかりました。もちろん引き受けて当日普通のPARTYだと思ったら3万人入る会場で。(笑) そこでのPlayを聴いた人とかからオファーがきて、色んなCLUBでDJできるようになりました。





■ 海外のCLUBと日本のCLUBの違いはありますか?

ラジオや雑誌、インターネットの情報もあるのでかかる曲の差はほとんど無いと思います。日本でのPlayは1時間の中で盛り上げたり見せる感じが強いけど、海外では2~3時間Playするのが普通で、最新のHIT曲から、古い曲も織り交ぜてグルーヴで踊らせるのが多いです。

■ MIX CD / DVDを作る時のこだわりは?

MIX CDとかって自分のスタイルをアピ-ルする為の名刺代わりのようなものだと思ってます。DVDはまだ当時誰もやってなかったから始めました。内容やコンセプトも時代に合わせるよりは、自分から『こんなのどうだ!?』と発信するようにしています。2012年から拠点を東京に移して、平日も週末も、雨の日も晴れの日もDJをしてみて色んなことを感じました。そしてLIVE MIXをリリースしてみたり、これからも人がやっていないことにこだわりを持ってやっていきます。

■ REMIXやDUBを作る時のこだわりは?

DUBに関しては昔からレゲエSOUNDと一緒にやることが多かったので、HIPHOPでレゲエのDUBみたいなことができたら面白いと思っていました。アーティストに頼む時はリリックも細かく指示を出して作っています。REMIXはオリジナルとは全く違うもの。よりCLUBでかけやすい、よりフロアが盛り上がるものを作り上げるように意識しています。DUBもREMIXも自分だけのものだったりするんで、他のDJのPlayと差をつける1つの手段だと思います。

■ 影響を受けた、又は大好きなHIPHOPのALBUMは?

いっぱいありすぎて選べませんが...。最近ではKENDRICK LAMAR、J.COLE、PUSHA-T、日本語だとANARCHY、般若、OZROを良く聴きました。過去のだと、NASもGANGSTARRも聴きまくったけどやっぱBIGGIEの1stだと思います。





■ 北海道のお客さんの印象は?

曲に対する反応が凄く良いと思います。NORTH WAVEやAIR-Gの影響もあると思うんだけど、ラジオがしっかりしてる街はCLUBでも曲とか詳しい人が多い気がします。

■ 北海道でお気に入りの食べ物・スポットは?

ラーメン、ジンギスカン、スープカレー、そしてもちろん海鮮系。海の物も地の物も全部美味いです。場所的には今回初めて行った"サッポロファクトリー"の雰囲気とかが気に入りました。時計台は行く前に「3大ガッカリ観光名所」と聞いてたんだけど、本当にその通りでした。(笑)

■ 今後の活動についてお聞かせください。

自分が持っているレギュラーのPARTYをもっと良くしていくのと同時に、詳しくはまだ話せないんだけど、自分の作品に参加しているアーティストと全国ツアーをやりたいです。

■ 最後に"NORTH NAVI"を観ている皆さんへ一言お願いします。

NORTH NAVIのようなサイトでアーティストをCheckするのと同時に地元の動きをCheckして、色々興味を持ってもらえればと思います。北海道のFM NORTH WAVEで毎週金曜日21:15~僕のMIXが聴けるんで是非聴いてみてください。いつも応援ありがとうございます!!








    取材協力:
    Party Rock Cafe active one 
    札幌市中央区南5条西6丁目 ニュー桂和ビル B1F  more info>>

ようこそさっぽろ

PMF

初音ミク



supported


Sound Lab mole