NEWS

ZEEBRA
ZEEBRA PROFILE.
今や伝説と化したヒップホップグループのフロントマンとして名を馳せた Zeebra。早くからその才能を開花させ、日本語におけるラップを新たな次 元へと引き上げ、ヒップホップ・シーンの拡大に貢献した立役者。1997 年のソロ・デビューから常にトップの座に君臨し続け、常に上のレベルを追 求する姿勢に共感を覚えるリスナーも数知れない。その音楽性の高さや技術、 スマートなスタイルと存在感により、男女を問わずリスナーの間でカリスマ 的存在となっている。また、他のアーティストからの信頼やリスペクトも厚 く、自身の作品に加え世代やジャンルを超え、数多くの客演も行っており、 2003年にはR&Bプロデューサーの今井了介と日本のクラブ・シーンを 代表するDJ KEN-BOとの3人で、アンダーグラウンドとオーバーグラウン ド、そしてヒップホップ・シーンとR&B・シーンを結ぶプロデュース・チー ム「FIRSTKLAS」を結成するなどその足は止まらない。 2005年、音 楽制作に取り組みつつも、ヤクルトスワローズと明治神宮球場の演出プロデ ュース「BeatPark」を手掛けたり、ドラマ「15歳のブルース」に出演するなど活動の幅を広げ、2006年2月には自身4枚目となるアルバム「The New Begining」を発表した。USトッププロデューサーのSwizzBeatzや Scott Storchらの参加や、AI、Mummy-D、安室奈美恵を1つの楽曲に呼び込むなど、Zeebraにしかなし得ない、まさに『不可能を可能にした日本人』として日本中を震撼させた。また、その活動の影響力は海を超え、諸外国からのオファーも殺到しており、2007年には海外の都市 も含めたクラブツアーを決行。2008年にはタイで開催されたASIAN HIPHOP FESTIVALに日本の代表として招かれた。同年、ラップを始めて20周年という節目の年を迎え、Best Album「The Anthology」を発表し、自身初となる武道館ワンマンライブ「Zeebra 20th Anniversary The Live Animal in 武道館」を開催し、新たな伝説をHIPHOP史に刻み込んだ。2010年よりAriola Japanに移籍。3月にニューシングル「Butterfly City Feat.RYO the SKYWALKER, Mummy-D &DOUBLE」をリリース。今夏には自身初となるFUJI ROCK FESTIVALへの出演を果たし、ジャンルの幅を超えた活動を精力的に行っ ている。また「KUROFUNE ~FLOOR INVASION TOUR~」と題した、DJツアーを全国各地で開催。現在、洋楽曲中心で構成され ているクラブのフロアを、日本語楽曲オンリーの選曲で構成するという全く新しいコンセプトのもと、日本のクラブシーンへ向けて新たなメッセージも発信し続けている。その活動は国内にとどまらず韓国のヒップホップシーンへも大きな影響力を与えており、先日行われたシェラトングランデ ウォーカーヒルでのパフォーマンスでは集まった約4000人のファンに強烈な印象を与えた。2011年、 自らの名にインンスパイアされた“黒と白”のコンセプトによって制作された約4年2カ月振りのオリジナルアルバムが完成。東京スカパラダイスオーケストラとのコラボや全世界累計500万本を超える超人気ゲーム「龍が如く」シリーズから、「CR龍が如く見参!」のテーマソングを担当するなど話題を振りまいた。2012年、世界180カ国で放映中のNHK WORLD「J-MELO」のEDテーマ曲と、 本年2月にアメリカにて公開され瞬く間に全米第一位を獲得した映画『ネイビーシールズ』イメージ楽曲という全世界へ照準を向けたワールドスタンダードな2曲を配信限定。2013年、「ジャ パニーズ・レゲエ」という言葉すらなかった頃から、いち早くメジャー フィールドに切り込んだフロンティア、MOOMINの名曲「Moonlight Dancehall」を大胆にリメイク。HIP HOPとレゲエの融合を 試みた「Moonlight」をデジタル・リリース。ミュージック・ビデオの撮影はZeebra自身もプライベートで訪れる葉山の海の家OASIS にて2日間に渡り行われ、Zeebraと親交の深いアーティスト、タレント、クリエイターなど多くの著名人登場し話題となった。 11月20日には8枚目のオリジナル・アルバム「25 To Life」、12月18日はfeat.曲を集めた100曲入りBOX「100 Feat. ~ Zeebra 25th Anniversary Box ~」を発売する。今年アーティスト活動25周年を迎えるZeebra。ますます鼻息荒い縞馬から目が離せない。


Zeebra Official Website  http://www.zeebra.jp

Zeebra twitter  http://twitter.com/zeebrathedaddy




The Live Animal Tour 2013 - 2014 ~25 To Life~ で約2年振りとなる北海道でのLIVEでしたが終えてみていかがでしたか?

久しぶりだったせいか、お客さんも盛り上がってくれてライブをやっている側も楽しかったです。

アーティスト活動25周年を迎えられたZEEBRAさんですが、最初HIP HOPに興味を持つようになったきっかけとはなんですか?

「Herbie Hancock / Rock It」のグラミーでのパフォーマンスを観たのがスタートです。

デビューから現在に至るまでの活動を振り返ってみて辛かったこと、そしてやっててよかったと思ったできごとなどを教えてください。

日本の各地から海外までHIPHOPを通して色々な人とリンク出来たこと。



       



昨年末リリースされた通算8枚目となるアルバム「25 To Life」についてですが、今回のアルバム制作についてのコンセプトとは?

今作のタイトル「25 To Life」は、アメリカでの重罪は懲役25年から終身刑というのがあり、それを「25 To Life」と言葉で表すことがあり、自分がHIPHOPに25年間囚われた、これからも囚われの身という意を込めてます。

「25 To Life」での今までの作品と違うところ、聴き所など教えて頂けますか?

聴き所は全部。最先端のトラックと25年で培ってきたラップスキル。

最近のHIP HOPシーンについてお聞きしたいのですが、現在の日本のHIP HOPシーンとUSのHIP HOPシーンについて違いなど、昔と変わってきたことなどはありますか?

日本もアメリカも新しい世代が面白いから、次世代の動きをチェックするのが1番エキサイティング。

OLD SCHOOLと呼ばれる時代から近年ではEDM的なものが流行したり、USではまた違ったものが主流となってきていて、時代によって様々な変化を遂げているのですがそこについてはどうお考えですが?

機材の進化によって音も変化するので、全体の歴史も理解しつつ新しいものを探れるのが理想。

今後の活動内容(現在進行中のものなど)についてお聞かせください。

クラブとクラブカルチャーを守る会の会長として法改正への活動、新レーベルの創設、高校生ラップ選手権で優勝したYZERRとT-PABLOのユニットをプロデュース。

最後に北海道のみなさんへメッセージをお願いします。

いつもサポートありがとう!!またライブで北海道にお邪魔するときは是非遊びにきてください。東京のパーティーはいつでもウェルカムなんで遊びに来てください。




ZEEBRA - 25 To Life -     

     発売日: 2013.11.20
    価格: 初回生産限定盤 / 3,990円 (税込)  通常盤 / 3,150円 (税込)
    品番: 初回生産限定盤 / BVCL-553~4  通常盤 / BVCL-555




    2008 年 20 周年を迎えた Zeebra が 20 年の歴史を一晩で再現した初の武道館公演 伝説の夜から 5 年...
    アーティスト活動 25 周年を迎える Zeebra が放つ通算 8 枚目のオリジナル・アルバム。
    原点回帰ともいえるストリートの最前線が詰まった作品が完成。


    01. The Last Letter  Produced by DJ WATARAI
    02. Hit 'Em Hard  Produced by HABANERO POSSE
    03. Hate That Booty Feat. Y'S & KOHH  Produced by JASHWON from BCDMG
    04. Sound Of Money  Produced by JASHWON from BCDMG
       ※ (映画『エンド・オブ・ウォッチ』日本版特別映像テーマソング【全米 2013 年公開、全米一位】)
    05. Exit Feat. 福原美穂  Produced by YMG & MIDO
    06. We Twisted Feat. ISH-ONE  Produced by D.Focis
    07. Tequila Monsters Feat. 565, UZI & BIG RON  Produced by Lil'諭吉
    08. Mr. Miyagi  Produced by dee.c
       ※ (NHK WORLD「J-MELO」のエンディングテーマ曲)
    09. Moonlight  Produced by Zeebra
    10. Sunshine Feat. TOKU  Produced by Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY
    11. Young Soldier  Produced by DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST
    12. 夢でずっと Feat. SIMON JAP  Produced by JASHWON from BCDMG
    13. I Do It  Produced by SHIMI from BUZZER BEATS
       ※ (映画『ネイビーシールズ』イメージ楽曲【全米 2012 年 2 月公開、全米一位】)
    


ようこそさっぽろ

PMF

初音ミク



supported


Sound Lab mole