NEWS

                                                 写真提供:YOSAKOIソーラン祭り組織委員会






高橋 学 profile
1983年、ダンスチームSAPPORO BREAK MACHINEにてダンス活動を始め、1986年より、ダンススタジオマインドに所属。同スタジオ主催のすべての公演に振付、ダンサーとして参加。

北海道を中心に振付、イベントプロデュースなどの活動も行い、同スタジオ公演の他、北海道ジャズダンス協会主催の舞台、札幌文団協フェスティバル、また今では北海道の文化となりつつある『YOSAKOIソーラン祭り』では、第1回目より振付師として参加し、平岸天神他、多数のチームの振付を手がけ、踊りとしてのYOSAKOIを盛り上げた第一人者である。 第12回国民文化祭かがわ97、第15回国民文化祭ひろしま2000、第21回国民文化祭やまぐち2006、中国黒龍江省友好親善交流事業にて振付、出演など幅広い分野でダンスを介して芸術文化の向上を目指し、ダンサーの育成にも力を注ぐ。

2005年、功績が認められ、第14回道銀芸術文化奨励賞<舞台芸術部門>受賞。 2011年、ダンスの普及と発展に貢献したことが認められ、北海道文化奨励賞を受賞。


ダンススタジオ マインド 舞人   http://www.mind-j.com









今年の「YOSAKOIソーラン祭り」を終えていかかでしたでしょうか?

こんにちは、ダンススタジオマインドの高橋 学です。僕が今年のYOSAKOIソーラン祭りで振付けさせて頂いたチームは「平岸天神」と、札幌、和歌山、三重、仙台、台湾、ロシアの踊り子合同チーム「あしたもハレヤ!」の2チームです。「平岸天神」は20年以上振付けを担当させて頂き、おかげさまでこれまでに大賞、準大賞など数多くの賞をいただいているチームです。今年は "天真爛漫" というテーマで明るさ、楽しさ、華やかさ、そして激しさを兼ね合わせたスピード感溢れる踊りで祭りに参加しましたが、残念ながら賞にはあと一歩及びませんでした。ただの一曲だけですが、毎年大勢の方々がこの一曲のために一丸となり、試行錯誤を繰り返しながら創り上げています。踊り子、裏方さんはじめ150名近くの方々すべてが "自分が平岸天神だ!" という気持ちで一つになり本祭を迎えています。自分がその中の一人でいられることが素晴らしいと感じていますし、踊り子、関係者の方々にも大変感謝しています。もう一つのチーム「あしたもハレヤ!」は "みんなで楽しく、カッコ良く踊ろー!" をテーマに、いろいろな国、市、町から集まった60名が元気いっぱい踊ってくれました。この時だけ集まったメンバーでしたが、こちらも皆が一つになってサイコーの笑顔で観客の声援に応えていました。どちらのチームもたくさんの声援を頂き、最後まで踊ることができました。ありがとうございました。


踊りという点ではどちらも共通していると思うのですが、「YOSAKOI」と「ストリートダンス」の違いとは何でしょうか?

「YOSAKOI」は日本の祭りからの発祥で(音楽も "ソーラン節" が必須、鳴子を持つ等)原点は日本色が濃いです。(現在は大分多様化していますが)「ストリートダンス」は、おおまかな説明ですが アメリカの "HIPHOPカルチャー"(黒人文化のダンス、アート、音楽など)から始まったものです。現在の「YOSAKOI」では多数のチームがそれぞれの個性を出すために、楽曲のアレンジも多彩になり、ヒップホップ系のビートも使うようになりストリートダンス系の踊りも取り入れているチームもたくさんあります。別な面ですが、「ストリートダンス」はどちらかというと一人でも踊れて、技術を追求することも、気軽に楽しむことも自由にできますが(一概に全てではありませんが)、「YOSAKOI」は祭りに参加するという前提があるので、チームが必要となり事務的なことや音楽制作・振付け、衣装・地方車の用意など多くのことがあり人手をかけた組織が必要となり経費もかかってきます。大変ですがそれだけにより多くの一体感や達成感があるのではないのでしょうか。踊りの面では「YOSAKOI」でもストリートダンスを取り入れていますし、「ストリートダンス」でも今は「YOSAKOI」のように大人数でしっかり合わせて踊ったりそれをステージやコンテストで披露したりしています。互いの良いところを吸収し刺激になってより良い「踊り」と「ダンス」になっていってほしいと思います。


様々人と関わる機会があると思うのですがダンスを通じて伝えたいものなどはありますか?

ダンスを通じて "感じること"、"ダンスに求めること" は人によって様々だと思います。"楽しい"、"高揚感" だったり "気分転換" や "息抜き"、"音楽的に" など...。スポーツクラブや文化教室で多数のダンスレッスンあり、今では小学校や中学校でも授業として取り入れられています。ダンスに触れる機会が増えた中、一人でも多くの人がダンスを体験してダンスを好きになってくれたらと思います。それが、ダンス文化が大きく育って行くことにもつながって行くと思います。






- 今後の公演情報 -

北海道ダンスプロジェクト公演 「HDP DANCE PREMIUM」
■ 日 時:  2014年7月21日(月・祝)
■ 場 所:  ニトリ文化ホール
■ 時 間:  - 昼の部 - 開場 12:00  開演 12:30  - 夜の部 - 開場 16:30 開演 17:00
■ 料 金:  全席自由 2,000円(税込) ※ 前売・当日共

→ イベント詳細はコチラ


ダンススタジオ マインド「マインドフェスティバル2014」
■ 日 時:  2014年9月15日(月・祝)
■ 場 所:  札幌市民ホール
■ 時 間:  昼夜2回公演予定
■ 料 金:  全席自由 2,000円(税込) ※ 前売・当日共






ようこそさっぽろ

PMF

初音ミク



supported


Sound Lab mole