NEWS

廣山直人 ORANGE RANGE delofamilia

廣山直人 (ORANGE RANGE / delofamilia) ×
山本博之 (JOIN ALIVEプロデューサー / Mount Alive代表) 対談インタビュー


「ORANGE RANGE」のリーダー/ギタリストを務める他、シンガーソングライター Rie fu とのユニット・プロジェクト「delofamilia」としても活動している廣山直人と、今年も北海道・いわみざわ公園で開催される自然、音楽、アミューズメントが融合するイベント「JOIN ALIVE」のプロデューサーでもあり、北海道各地のイベント・ライブ・コンサートを主催するイベンター「Mount Alive」の代表も務める山本博之氏による対談インタビュー。







廣山 よろしくお願いします。自己紹介などをもらえればありがたいです。

山本 もう私なんぞに声かけていただいて、光栄でございます。札幌でORANGE RANGEやdelofamiliaのコンサートプロモーターを担当しています、マウントアライブの山本と申します。よろしくお願いします。

廣山 僕らちゃんと一緒にツアー回るのって、マウントアライブができてからですよね?

山本 そうですね。前の会社のときは、皆さんのことはよく知っていたんですけど、別な担当の方がいたので。新しい会社になって初めて札幌以外、たくさんの都市をツアーで回ったのがORANGE RANGEだったんで、一緒に回って、とても印象に残っていますね。釧路とかね。

廣山 旭川かどっかで、ラーメン屋に連れっていってもらって。怒髪天の増子さんの話しをしたのを覚えてる。

山本 話しましたねー。あんまり言えないけど、いいやつなんですけど面倒くさいっていう(笑)。同じ北海道出身ですし、何やかんやいって彼とはつき合い長いですね。年齢は増子くんが僕より1歳下なので、一応先輩で。1歳でも下だと、意外に北海道も縦社会なので大変だったりするんですよね。

廣山 僕ら、マウントアライブにお世話になって何年ぐらいですかね?

山本 会社設立から丸5年になりますが、その年の10月に皆さんとツアーを回ったので。本当5年くらい、より深くおつき合いをさせていただいているという感じでしょうか。

廣山 いろんなイベンターさんによくしてもらってるんですけど、現場担当の人としゃべることはあっても、立場的に上の人としゃべるのは山本さんぐらい(笑)。

山本 いや、そう言っていただけるとありがたいし、何やかんやで酒の力にまかせて。

廣山 いろいろお話しをしてて、おもしろそうだなあと思って今に至るんですけど。Queenの話で盛り上がりましたよね。

山本 Queenね。Queen好きですね。

廣山 僕も好きなんですけど。あとは何かコーチェラ・フェスティバルのパンフレットで3時間ぐらいしゃべってた(笑)。行かれてますよね?

山本 コーチェラは2、3年前に行きました。

廣山 それを1軒目で取り出して、2軒目焼酎バーに行って、もうそれが引き続き、ずっとっていう感じで(笑)。JOIN ALIVEも初年度出してもらったり、一昨年はdelofamiliaもレンジも出してもらって。

山本 delofamiliaも出ていただいて。レンジも出ていただいてということで、本当にお世話になってます。

廣山 僕ら、全体的に全国好きなんですけど、北海道は本当にお世辞じゃなくみんな好きで。

山本 ありがとうございます。本当に、まあ、よく皆さん飲まれますもんね。

廣山 JOIN ALIVEは後ろのアーティストエリアの感じもありますし。やっぱり他にはないですよね。いきなりJOIN ALIVEの話になっちゃいますけど、海外のアーティストも来るじゃないですか? いわゆる日本人のフェスなのに。ああいうのだったり、1回だったけど2週にわたって開催したりとかして、結構個性的なイベントだと思うんです。そういうアイデアというか、コンセプトはどうやって具現化していくんですか?

山本 基本的にはそういうフェスティバルのアイデアは全部コピーですね。どっかのマネ。特に海外のフェスティバルには、マウントアライブ立ち上げる前は毎年のように見に行ってました。そこでいろんなことが入ってくるんですよね。余計なことまで入ってきてムダなことばっかりやって(笑)、お金ばっかり使ってスタッフに怒られる、みたいなこともあるんですが、やっぱりいろんな刺激になって。例えばJOIN ALIVEの会場は遊園地があって、横に音楽堂があってっていう、もう全部が公園で。そういう広い公園を会場にしてっていうのもオランダのフェスティバルを見て、こういうのをいつかやりたいなと思ってたんですよね。

廣山 アイデアを取り入れつつもアレンジしていって。

山本 そうそう。おかげさまでJOIN ALIVEに出たいと言ってくださる方々もたくさんいたので、じゃあたくさんの人をイベントに呼ぶってなると、日数増やすかステージ増やすしかないので。ステージ増やすよりは日数増やして、お客さんの選択肢も広がるしいいかなとか思ってやったんですよね。だから、ミュージシャンの方々からいろんなアイデアをもらったりとかありますし。ステージでは皆さんすごいいいライブをしてくれるので。戻ってきてくつろいでほしいなっていうときに、そのバックヤードのロケーションとかこだわらなきゃダメだろうっていうのもあって。とにかく北海道らしいもので、「うまい!」ってひと言言ってもらおうっていうのがテーマで。最初はスープカレーとかいろんなメニューも考案して、試食会までして。

廣山 そういうことまでするんですね。

山本 僕の知り合いのシェフとかと一緒に作って、メニューを決めて、これだったら皆さん喜んでくれるね、なんて言ってスタートしたのが1年目で。フェスティバルはどんどん進化させていかなきゃいけないっていう思いをずっと強く持ってるので、毎年同じじゃダメだなと。いろんなもの取り入れて、いろんなことをマネて、それでやってくことが結果的にオリジナルになっていくので。北海道は夕方くらいになると寒くなってくるから、じゃあ温かいものがいいよねとか。魚もうまいし、バックヤードに炉端を作ろうっていうのもスタッフからアイデアをもらって。

廣山 炉端、よかったですよね。

山本 去年なんかは、かなり広くなってきたじゃない? 最初は本当こじんまりしたところだったんですけど(笑)全然入りきらなくなったんで、どんどん拡張していったんです。そこでいろんなミュージシャン同士ではじめましての方やら、もう、中には3時間ぐらいずっとあそこから動かない方もいて。

廣山 ヨ・ラ・テンゴがずっと座ってて(笑)。

山本 そういうのもいいなとか思いながら、常にいろんなことにチャレンジしてるという感じですね。海外のフェスはすごく参考になりますね。日本にもたくさんいいフェスティバルありますけれど、どうしても客になれずに仕事になるっていうか。海外に行くと、知り合いにもあまり会わないっていうのもありますが、すごい客としていられるというかね。

廣山 きっかけがどうであれ、オリジナリティが出てる感じはありますもんね。

山本 また北海道ならではの空気感とか、多分メンバーの皆さんも、出る汗の量が全然違うと思うんですよね(笑)。何か開放的っていうか、そこにうまくいろんな要素を取り入れていけたらいいなって思いますし。自然は思いっきりあるし、アートの要素なんかも取り入れたりとか。あと、遊園地があるのでアミューズメントの要素と、本当にいろいろありますから。JOIN ALIVEでいうと、まだいわみざわ公園の半分も使ってないんですよ。スキー場もあるから、スキー場の上でちょっとしたダンス系のパーティとかあったらいいなとか思いますけど、またスタッフに勘弁してくださいって言われるんで(笑)。

廣山 どんどんアイデアは出てくるし、どんどん実践もされてきて。進化型フェスティバルというか。

山本 どうだろう? RISING SUNはオールナイトっていうことと、客席の中にテントも張れるっていうことをこだわってやってきて。JOIN ALIVEは真逆で圧倒的に楽だっていう。あと、自分は洋楽好きだったので、海外のアーティストを出したいなっていう思いがすごく強くて。逆に、もっと広い家族層にも受けるようなアーティストもあのロケーションだとありだろうっていう感じで。昼間と夜の時間帯の顔が同じステージでも違う、みたいなかたちとか、本当いろんなことを考えてますね。考えてると楽しいですよね。お客さんからもそうだし、ミュージシャンからもご意見をいただいて。奥田民生さんからは「1年目のほうがスープカレーラーメンうまかった」とか、「2年目、何かお前、具、変えただろ」みたいなそういうことを言われたりとかですね(笑)。

廣山 スープカレーのことを(笑)。大型フェスで食べ物そろってるとこあるんですけど、JOIN ALIVEのあのスタイルってなかなかないじゃないですか? ちゃんと目の前でやってくれるし、テンション上がりますね。

山本 ありがとうございます。ご当地それぞれいろいろありますけど、やっぱ北海道は魚でしょうっていうことで。

廣山 あと、遊園地の感じもよかった。あれは普通に遊園地のお客さんもいるんですよね?

山本 いますね。JOIN ALIVEのお客さんはそのまま入れて、乗り物だけは別で。でもJOIN ALIVEのお客さんは乗り物も安く乗れるので。

廣山 そういうのがいいっすよね。音楽をずっと見るのもいいけど、せっかくだから乗ってみるかとか。ちょっと日本っぽくないのかな。

山本 ヨーロッパは移動遊園地とかの文化があって、しゃれたテントとかもたくさんあるので。岩見沢の知り合いから会場探してるんだったらいいとこあるよってあの会場を教えてもらったんですけど、まさかあんなテントがあるとは思わなかったので、もうここだと思いましたね。

廣山 あの作りというか、あれはほかにはないですよね。座って見れるし、前に行きたい人は行って。だから、テントって、ゆったり感というかアミューズメント感があって、そこでザ・シー・アンド・ケイクとヨ・ラ・テンゴがめっちゃはまってて、めっちゃよかった。

山本 まさかヨ・ラ・テンゴが札幌で見れるとは思いませんでしたって、100人くらいに何かもう神様のように言われたんですけど(笑)。逆に言うと、それ以外に広がってないっていうのがちょっとね。昨年は思いっ切って1回若いバンドを北海道に呼びたいなっていうことでザ・ストライプスにしたんです。やっぱり海外アーティストはなかなか北海道に来れないから、それを実現するのはイベントの差別化としては絶対大事だっていうことで。そこにきゃりーちゃんのような方もいて。きゃりーちゃんなんか、もう思いっ切り遊園地に行ってましたからね。

 ――NAOTOさんもフェスは大好き、フジとか毎年プライベートで行ってますよね(笑)。

廣山 逆にフジしか行ってないけどね。それこそコーチェラ、グラストンベリーとかは行きたいですけど。

山本 グラストンはね、1回行くともう二度と行きたくないと思うか、ずーっとここにいたいと思うかどっちかでしょうね。僕も正直、人生の中で一番過酷だと思える4日間でしたね。海外に行って、まずホテルには泊まってないわけですよ、一切。すぐにヒースロー空港から会場に車で連れられてって、そこにテント張って、4日間ずっとテントの中で過ごして。もう何十年の歴史で一番雨が降ったっていう年で、本当に大洪水になってって、そんな中で過ごして。正直金曜日くらいに、もう帰りたいなーとか思ったんだけど(笑)、日本からその年はスカパラが出てたんですよ。でも、スカパラのステージまでたどり着けない。パンフレットもあったけどわからなくて、結局たどり着かなかった。たどり着く前にカントリーのすごくいいバンドやっててそこに寄ってしまって、ああこれ最高だわ、みたいな。それがフェスティバルの醍醐味なんですけどね。



next >>



ようこそさっぽろ

PMF

初音ミク



supported


Sound Lab mole