NEWS

SUGAR SOUL



SUGAR SOUL


SUGAR SOUL profile.

インディーズ・レーベル「FLAVA record」より、97年1月25日にマキシシングル「Those Days」でR&Bアーティストとしてデビュー。

同年6月に発売されたアナログ・シングル「今すぐ欲しい」又、98年3月25日に発売された DJ HASEBE の先行アナログ「いとしさの中で」は、HMV をはじめ数々のインディーズチャートで1位 となり、両作とも15,000枚をセールス、CDに至っては Sugar Soul 名義の「Those Days」も DJ HASEBE 名義の「adore」ともに3万5千枚を突破。

98年に入ってからも依然、店頭ではいまだロングセールスを維持しており、R&B界、HIP HOP界において、高い期待感と支持を得る。 特に、1作目となる「今すぐ欲しい」では、Bボーイに絶大な人気を誇るラッパー「ZEEBRA」や「DJ HASEBE」らが参加したこともあり、強烈なクラブヒットとなり、Sugar Soul は日本の HIP HOP SOUL DIVA として確固たる地位を築いた。そして、DJ HASEBE ソロ名義「adore」では、ヒューチャリング・ボーカルとして3曲を手掛け、「いとしさの中で」が再びクラブ大ヒットとなり、全国クラブサーキットを敢行し、全ての会場を満杯にした。

そして、98年9月25日、遂にマキシ・シングル「悲しみの花に」でメジャーデビュー直前のインディーズ・ラストライブには、約2,000人ものファンが詰めかけ、既に伝説と化した。
そして99年2月24日、ついに1st.フルアルバム「on」(15万枚)をリリース。朝本浩文、 大沢伸一、浅田祐介、桜井秀俊(真心Bro.)、DJ WTARAI、DJ HASEBE といった新鋭プロデューサーを起用。またヒューチャリングゲストには、レゲエシーンにおいて圧倒的な人気を誇るばくさんエンターテイメント(旧トキワ ジャパン)の Ryo The Skywalker が参加。オリコン初登場10位という記録を残した。
99年3月18日に赤坂BLITZ にて行われた宝島社主催の「CLUB SWEET」ではメインアクトを務める。そして、99年4月8日心斎橋クラブクアトロ、4月13日渋谷クアトロにて初ワンマンライブを行い、大成功をおさめた。両日ともにチケット発売初日でソールドアウトとなった。

99年9月8日、4th.マキシ・シングルとなる「Garden」(100万枚)は、Dragon Ash の降谷健志とBOTSによるプロデューサーズ・ユニット Steady&Co. とのコラボレーションでオリコン初登場3位、そして最高2位を記録し、音楽シーンに衝撃を与えた。
そして、待ち続けた Sugar Soul、DJ HASEBE、ZEEBRA という「今すぐ欲しい」以来の同メンツで21世紀をまたに掛け、「Siva1999」(WARNER MUSIC JAPAN より99年12月10日リリース)、「ZEUS2000」(POLYSTAR より ZEEBRA 名義で2000年1月26日リリース)というこれまで日本の音楽シーンになかった連動作品をリリースし、新たなコラボレーションのかたちを証明した。

2000年4月19日には6thマキシ・シングル「respectyourself」を発表。レゲエを核とした多才なサウンドクリエイター集団V.I.P CREWのKEI HORIGUCHI+KANG DONG両氏とコラボレートし、ダンスホールとポップスを見事融合させ、飽和状態になりつつある日本ディーバシーンに一石を投じた。

2000年5月24日には待望の2ndアルバム「(うず)」(50万枚)をリリース。独自の濃艶な世界観、多彩なサウンドアプローチを竹内朋康(SUPER BUTTER DOG)、朝本浩文、竹村延和、森俊彦、山塚EYE(BOREDOMS)、などの音楽に対するアンテナの鋭いアーティスト達と融合している。(シングル曲含む) 6月からは初の全国ツアー"sugar soul tour 2000 -うず-"をスタートさせ、7月5日には2ndアルバムから「いいよ」をリカットする。
8月にはROCKIN ON JAPAN FESに参加。10月からはV.I.P BANDと全国6ヶ所の学園祭ツアーをまわる。

その本領をいかんなく発揮している充実のLIVE ACTを完全封入した2枚組CD「sugar soul Live Balance」を2001年1月24日に、DVD(dts5.1chサラウンド・システム)、VHSを2001年2月21日にリリース。2001年7月25日、8thシングル「SOULMATE」リリース。

2002年12月19日、LOVE JETSのライブにフロントアクトとして参加。









まだR&Bというジャンルがあまり浸透していない1999年に大ヒットを記録した名曲「Garden feat. Kenji」で衝撃をうけたファンも多いかと思いますが、今年でメジャーデビュー20周年を迎えられたということで、これまでの活動を振り返ってみていかかですが?


そんなにザッと振り返れないすけど笑
私は20年なんて言われても、え?まじぃ?そうなんだぁ、くらいしか思わなかったです最初。 あっという間だったしでも余りに色々あったし、時間軸で捉えようとしても無理な感覚です。

活動休止してた時の事はココには書ききれませんが、もう二度と歌わないと思ってました。もう表に出る事は無いと思ってました。

昨年天国へ帰った朝本浩文が、最初にまた歌おうと声を掛けてくれた音楽の恩人です。それでKAMというdrum'n bassのユニットを一時期やっていましたが、アーティストとしては精神面も技量も何もしっかり戻ってなかったし、あの311直後に沖縄へ移住したのもあって、活動もあやふやになりまた歌わなくなったりしてました。
そして4年前から熊本の三角エコビレッジサイハテというコミュニティで暮らしています。

ここ2.3年程、SUGARSOULとしては十数年ぶりに Liveや客演などの活動がまた再開し始めて来ました。 まるで新人です。何処にも何にも所属してないので一人だし。沢山鍛えられてます。笑
最近やっと自分のステージングとか掴めて来ました。


長期の活動休止を経て、昨年では「LETTERS / DJ RYOW feat. AK-69 & SUGAR SOUL」に参加していましたが、こちらの作品に参加された経緯は?


私自身はトコナ君とはあんまリンクしてなかったけど、もちろん曲は昔聴いてました。 DJ RYOW君から直接オファー来て話してすぐ、ヤってみたい!と思いました。
その前年にソウスク(SOUL SCREAM)のHAB I SCREAMのソロアルバムにフィーチャリングで一曲参加させて貰ってて、 ICU って曲なんだけど、やはりこちらも天に返った実在の女の子の事を歌ってて、 そういう鎮魂歌的なオファーが続くのも不思議だなぁと思いながら、でもその流れに乗ろう、みたいな感じもありました。
会えなくなってしまった大切な人を想う気持ちと、そこにある悲しみを第三者としてそのまま受け止めたいという私の想いと、そんなもの達が込められています。


4月14日(金)は旭川Cafe & Bar MONARCH、4月15日(土)は札幌MORROW ZONEの19周年でのLIVEと、久しぶりの北海道でのLIVEとなりますがいかがでしょうか?


楽しみです!寒そうです!笑
でも北海道の空気は何より大好物です!あたしが生まれた時に吸った空気!


今後の活動予定についてはどのようになっているのでしょうか?


復活してからまだ作品出してないので、新曲出していきたいです。
レゲエ界では名の知れたギタリスト、ノダチン兄貴とその息子セアイとのアコースティックトリオでのLiveセットもいい感じになって来てて、是非そのスタイルのLiveも北の皆さんに体感して欲しいです!


最後に "NORTH NAVI" をご覧の皆様にメッセージをお願いします。


また沢山遊びましょ〜!そして繋がってイきましょう!





twitter  @tida_aiko





SUGAR SOUL


Sugar Soul LIVE in ASAHIKAWA

■日 程: 2017年4月14日(金)
■時 間: OPEN. 22:00
■場 所: Cafe & Bar MONARCH 旭川市4条通8丁目1703番地 十字屋ビル B1F
■料 金: 2,500yen (入場時ドリンク代500yen別途)

SPECIAL GUEST LIVE>> Sugar Soul
LIVE>> MAMA-KAY (Lagenal Nature)
DJ>> Nolimits / MASA (SKYSCRAPER) / TOC / TAKASHIKO / and more...



SUGAR SOUL


MORROWZONE 19th Anniversary

■日 程: 2017年4月15日(土)
■時 間: OPEN. 22:00
■場 所: MORROWZONE 札幌市中央区南7条西2丁目 EXEplaza B1F
■料 金: 2,500yen (入場時ドリンク代500yen別途)
※4/14にご来場の方は2,000yenで入場できます。

SPECIAL GUEST LIVE>> Sugar Soul
LIVE>> Jazadocument & DOMINO-P
DJ>> GONG / PINO / MAKOTO / NASTY TEZ / HISAYA / O-NO / DEE / KOKI / BRATTA / MISTER BEE









ようこそさっぽろ

PMF

初音ミク



supported


Sound Lab mole