NEWS

7月26日(土)、27日(日)道内初公演となる国際プロジェクト、高谷史郎「CHROMA(クロマ)」
7月19日(土)から9月28日(日)まで、72日間に渡り札幌市内各所で開催される札幌初の国際的なアートフェスティバル「札幌国際芸術祭2014」。7月26日(土)、7月27日(日)の2日間、札幌市教育文化会館大ホールにて高谷史郎「CHROMA(クロマ)」が公演されます。

2012年に滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールとダムタイプオフィスの共同制作で初演、2013年にはフランスのマルセイユ・フェスティバルで上演し好評を得た本作品。デレク・ジャーマンの映画音楽でも知られる音楽家サイモン・フィッシャー・ターナーをはじめ、ダンサー、ミュージシャン、プログラマー、映像クリエイターなど、様々なアーティストが参加する国際プロジェクトです。

「CHROMA(クロマ)」とは「色彩」のことであり、アリストテレス、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ヴィトゲンシュタインなどの色彩にまつわる言説を引用しつつ、デレク・ジャーマンがエイズによって視力を失いながらも死の直前に書いた著作「CHROMA」を原点としています。

現代のダンス、パフォーマンス芸術の新たな可能性を開拓したこの作品は、SIAF2014が多彩な芸術表現の可能性を示すという意味で、とりわけ舞台芸術の領域における重要な位置付けとなっています。道内初公演。




■ クリエイションメンバー
総合ディレクション: 高谷 史郎
出演: 薮内 美佐子、平井 優子、オリビエ・バルザリーニ、アルフレッド・バーンバウム
音楽: サイモン・フィッシャー・ターナー、南 琢也、原 摩利彦
声(出演順): パオリノ・アッコーラ(アリストテレス、レオナルド)、マーク・ロビンソン
       (ニュートン)、マルクス・ティネス(ゲーテ)、アルフレッド・バーンバウム
       (ヴィトゲンシュタイン 、ジャーマン)、ユザーン(文:薮内美佐子)
メディア・オーサリング: 古舘 健
照明: 吉本 有輝子
映像技術: 山田 晋平
コンセプチュアル・コラボレーション: 泊 博雅
舞台監督: 大鹿 展明、尾崎 聡




札幌国際芸術祭 2014  http://www.sapporo-internationalartfestival.jp

ようこそさっぽろ

初音ミク

PMF



supported


Sound Lab mole