NEWS

モエレ沼芸術花火 2016

札幌で始まっている、花火新時代「モエレ沼芸術花火2016」
イサム・ノグチ氏が札幌に残した大地の彫刻、「モエレ沼公園」を舞台に繰り広げられる「モエレ沼芸術花火2016」が9月10日(土)に開催!モエレ沼公園の特性を活かし、日本の伝統芸術である花火の新しい表現を提案。「市民力」を結集させてつくるお祭りを目指し、今年で5年目の節目の年を迎える。

他の花火大会ではなかなか見られない、「尺玉(10号玉)」が40発以上打ち上がり、全編を通して、数々の音楽のリズム、曲調に合わせて打ち上がり、男女、世代を問わず愛される名曲とともに、いつまでも思い出に残る深い感動のひとときを提供! 内閣総理大臣賞受賞3社に加え、全国からゲスト花火師が多数参加する予定になっており、「モエレ沼公園」の可能性を最大限に活かした3D演出で、開始から終わりまで、まったく新しい花火演出の可能性に挑みます。
また花火大会の翌日には、昨年、市民ボランティアや協力企業参加者など総勢808名が参加した「日本一たのしいゴミ拾い」を開催!

芝席に往復バスが付いた楽チンプラン「リムジンバスパック」や、お子様連れでも安心の駐車場付き、4人でお得な「マイカーパック(芝席)」といったプランもあり!席によってはすでに売り切れがでてきているものも!迷っている方はお早めに!前売券はローソンチケットにて好評発売中!


ようこそさっぽろ

PMF

初音ミク



supported


Sound Lab mole