札幌初の国際的アートフェスティバル「札幌国際芸術祭2014」開催!

  • 2014/6/13

「創造都市さっぽろ」の象徴的な事業として、世界的に著名なアーティストである坂本龍一氏をゲストディレクターに迎え開催される札幌初の国際的なアートフェスティバル「札幌国際芸術祭2014」(以下 SIAF2014)。7月19日(土)から9月28日(日)まで、72日間に渡り札幌市内各所で開催されます。「都市と自然」を開催テーマに掲げ、これからの都市と自然の共生のあり方を考える国際芸術祭として、世界で活躍する現代アーティストたちが参加し、様々なプロジェクトなどを展開。美術館はもちろん、札幌全体が芸術祭の舞台となります。

札幌国際芸術祭 2014  http://www.sapporo-internationalartfestival.jp

 

 

■ 坂本 龍一 + YCAM InterLab「フォレスト・シンフォニー in モエレ沼」
supported by LOUIS VUITTON  7月19日(土)~ 9月28日(日)

「木は光合成によって太陽光をエネルギーに換える、つまり電磁波をとらえる天才。
その周期性を音楽にしてみたい」
– 坂本 龍一 –

森林や樹木の存在に深い興味を抱いてきた坂本龍一が、東日本大震災以降、その関心を具体的な芸術表現として示したプロジェクト「Forest Symphony(フォレスト・シンフォニー)」。森林をはじめとした人類が生きる環境に目を向けることを意図して構想された「Forest Symphony」は、山口情報芸術センター[YCAM]のYCAM InterLabとのコラボレーションにより技術開発を進め、昨年開催されたYCAM10周年記念祭の中心的なプロジェクトとして発表されました。

「フォレスト・シンフォニー in モエレ沼」では、札幌市内、北海道内を含め国内外の11カ所からデータを取得、モエレ沼公園(基本設計:イサム・ノグチ)内の中心施設、ガラスのピラミッド「HIDAMARI」でSIAF2014バージョンとして発表されます。

■日 程 : 2014年7月19日(土)~9月28日(日)
■会 場 : モエレ沼公園 ガラスのピラミッド「HIDAMARI」

参加アーティスト 坂本 龍一 + YCAM InterLab

 

 

■ 都市空間のサウンドコンペティション 7月19日(土)~ 9月28日(日)

SIAF2014のテーマを象徴し、都市の公共空間にふさわしい音の作品を、国際コンペティション形式で世界中から広く募集。SIAF2014ゲストディレクター坂本龍一が厳正に審査を行い、受賞作品1点が選出されます。開催期間中、市内各所の芸術祭拠点(札幌市資料館、札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)、札幌芸術の森美術館など)に設置され、応募された作品はWEB上でも視聴可能となっています。

■日 程 : 2014年7月19日(土)~9月28日(日)
■会 場 : 札幌市資料館、 札幌芸術の森美術館、 札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)

「都市空間のサウンドコンペティション」
http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/sound

「都市空間のサウンドコンペティション」応募作品公開ページ
https://www.sapporo-internationalartfestival.jp/sound/entry/show

 

 

■ 坂本龍一ウェルカムサウンド 7月19日(土)~ 9月28日(日)

「都市空間のサウンドコンペティション」の関連企画としてSIAF2014の開催中、国内外からお越しになるお客様を歓迎するためのウェルカムサウンドを、北海道の空の玄関口である新千歳空港に設置。場所性や環境に調和するようSIAF2014ゲストディレクター坂本龍一が自ら制作を担当し、北海道への来訪者を歓迎します。北海道の体験とともに人々の記憶に刻まれる本作品は、公共空間の音に対する先駆的な提案です。

■日 程 : 2014年7月19日(土)~9月28日(日)
■会 場 : 新千歳空港

参加アーティスト 坂本 龍一

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る