音楽家、佐々木浩平&ENNA、ニューヨーク・カーネギーホールで開催される”花と音楽と着物の祭典”「Kajiki’s Artist Show」に出演決定!

  • 2019/5/31

ニューヨークのカーネギーホールにて開催される「Kajiki’s Artist Show」に、北海道を拠点に活動する音楽家「佐々木浩平」とシンガーの「ENNA」が出演!

2019年7月24日、アメリカはニューヨーク、音楽の殿堂として有名なカーネギーホールにて開催される日本の文化・音楽を発信するイベント「Kajiki’s Artist Show -2019: Japanese Style-」にて、北海道を拠点に活動する音楽家「佐々木浩平」とシンガーの「ENNA」が出演することが決定!

この二人がユニットとして同じステージに立つのは今回が初。
日本語の美しさを音楽で表現したオリジナル曲「林檎の木の下で」(2005年佐々木浩平/作詞作曲)など、約10曲の演奏と、「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のメンバーである三原綱木さんとのデュエット曲などを予定。
音楽家にとって憧れの地、世界最高と言われるステージであるカーネギーホールにて、北海道から世界へ音楽を発信する二人の活躍に注目したい。

 

カーネギーホールへ向けてクラウドファンディング募集

今回のカーネギーホールへの出演に伴い、舞台の制作費などにかかる費用の支援を募るクラウドファンディングがスタート。このクラウドファンディングでは3,000~100,000円の間で支援額を選択する事が可能。
支援額に応じて、生バンドでカラオケができるお店「チャンマキ」、ケントスバンドのお店「ビートガレージ札幌」の2店舗で使える食事券、カーネギーホール出演記念のCDやライブ写真等、多数の返礼品を用意。
受付期間は2019年6月28日(金)午後11:00まで。
クラウドファンディングに支援を希望する方は下記URLの公式ページへアクセスください。

 

クラウドファンディングのアクセス方法>>
https://readyfor.jp/projects/kohe-enna

 

Kajiki’s Artist Show

アメリカ・ニューヨークにあるカーネギーホールや、ブロードウェイ(日本国内も含む)などで開催されている公演やイベントをプロデュースしている梶木敏巳をExecutive Producerに迎え、日本の文化や芸能を紹介する、毎年行われ今年で11回目の開催となる「花と音楽と着物の祭典」。
花と音楽を通して、日本の文化・新人アーティストを世界へ発信し、社団法人IFA国際フラワーアレンジメント協会主催による地域振興と国際交流を目的とした音楽と花のブーケショー。
花と着物、楽器演奏などを組み合わせ、フラワーデザイナーが新作の和洋装ブーケをショースタイルで発表したり、
過去にはゲストに数々のヒット曲を持つ歌手の小柳ゆきも登場するなど、これまでにニューヨーク、パリ、ハワイ、上海と世界各地でショーを開催している。

 

出演者情報

佐々木浩平 Profile.

佐々木浩平

17歳からピアノサパー等で演奏をはじめ、テレビ・ラジオCMソング等の作曲も数多く行う。
年中無休オールディーズ&ロックンロール専門店ケントスバンドの店「ビートガレージ札幌」を経営。
沢山の競演アーティストとのライブ、サポート活動などを経て、2006年6月よりKENTOSバンド「リトルベアーズ」の6代目キーボードとして加入し、現在は日本三大歓楽街の一つ「ススキノ」にて毎夜10回のステージに出演。
「アニメソング界の帝王」として有名な「水木一郎」へ作詞作曲も提供するなど、北海道を中心に活動する音楽家。

ENNA Profile.

ENNA

北海道江別市出身。活動場所は札幌中心とした北海道。主にクラブ、ライブハウス、結婚式、パーティーなどで活動。その他、コンピレーションアルバムに参加したり、その美貌からアパレルモデルやヘアーモデルも務める。今後は、全国、世界でも活動の幅を広げ北海道を代表するシンガーを目指す。

 

カーネギーホールとは?

エンターテイメント発祥の地とも呼ばれるアメリカ・ニューヨークにあるコンサートホール。
チャイコフスキー指揮によるニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団 (現ニューヨーク・フィルハーモニック) の演奏で開場し当時、ニューヨーク最大のホールとして音楽家にとってそのステージに立つことが夢とされていた。
1891年に創設されて以来、マンハッタンの一角を占めるミッドタウンのランドマークとなっている音楽の殿堂。

OFFICIAL WEB SITE>>
https://www.carnegiehall.org/

 

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る