HiGH&LOW THE WORST

  • 2019/9/10
HiGH&LOW THE WORST
(c)2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会 (c)高橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

2019年10月04日(金)公開

札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌ほか

企画プロデュース

EXILE HIRO

監督

久保茂昭

アクション監督

大内貴仁

出演

川村壱馬、志尊淳/吉野北人、前田公輝/山田裕貴ほか

イントロダクション

累計7500万部突破・不良漫画の金字塔「クローズ」・「WORST」(原作:高橋ヒロシ)と「HiGH&LOW」の奇跡のクロスオーバーが実現いたしました!脚本は、今年画業30周年を迎え、“映画初脚本“となる高橋ヒロシとHiGH&LOW脚本チームが共同で作成。
本作では、「HiGH&LOW」シリーズの中でも一際魅力を放つ、通称“漆黒の凶悪高校”鬼邪高校と、「クローズ」・「WORST」でお馴染みの、幹部以外スキンヘッドの最強軍団・鳳仙学園の両高校が登場します。
シリーズお馴染みの鬼邪高校・定時制の番長・村山役には、連続テレビ小説「なつぞら」に出演中の山田裕貴を筆頭に、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、青木健、清原翔、陳内将。全日制で絶大な力を誇る轟役には、前田公輝が出演。そして、本作初登場となるのは、全日制の覇権を狙う転入生・花岡楓士雄役にネクストブレイク必至の<THE RAMPAGE fromEXILE TRIBE>人気ボーカル・川村壱馬。同ボーカル・吉野北人、同パフォーマー・龍、鈴木昂秀も出演!さらに、鳳仙学園の過去最強と謳われる新生代のカリスマ的リーダーに君臨する上田佐智雄役を、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」や『フォルトゥナの瞳』『劇場版 おっさんずラブ』など話題作に次々と出演し、第43回エランドール賞新人賞・TVガイド賞、第73回文化庁芸術祭テレビドラマ部門放送個人賞を受賞するなど、今最も旬な俳優・志尊淳が本格アクション映画初挑戦!
また、今注目株の人気俳優・神尾楓珠、佐藤流司、塩野瑛久、坂口涼太郎、福山康平ら、 新進気鋭の若手キャストも大集結!
この秋、男たちの熱い闘いと友情にアガッて泣ける!新時代アクション感動巨篇が誕生!!

 

ストーリー

荒れ果てた町<SWORD地区>の中で通称“漆黒の凶悪高校”と呼ばれる鬼邪高校。そこは定時制と全日制に分かれ、定時制の番長・村山良樹(山田裕貴)が鬼邪高校の頭を張っていた。そんな鬼邪高校の全日制に転入した、花岡楓士雄(川村壱馬)は、いつか村山にタイマンを挑む為、全日制の天下をとる野望を持っていた。全日制は、実力的にトップの強さを誇る轟(前田公輝)と芝マン(龍)、辻(鈴木昂秀)の轟一派。二年を仕切った中越(神尾楓珠)と一年を仕切った中岡(中島健)が率いる中・中一派。狂った戦い方で成り上がる泰志(佐藤流司)、清史(うえきやサトシ)が率いる泰・清一派。楓士雄とかつて同じ団地に住んでいた司(吉野北人)と手下のジャム男(福山康平)が仕切る司一派ら、新世代の覇権を争う一大戦国時代を迎えていた。
一方、SWORD地区の隣町・戸亜留市では、幹部以外全員スキンヘッドの最強軍団、鳳仙学園が勢力を強めていた。過去最強と謳われる鳳仙は、リーダー上田佐智雄(志尊淳)を筆頭に、小田島有剣(塩野瑛久)、沢村正次(葵揚)、仁川英明(小柳心)、志田健三(荒井敦史)の四人からなる鳳仙四天王、幹部のサバカン(坂口涼太郎)ら、最強の布陣を揃えていた。そんな中、鳳仙の生徒が鬼邪高を名乗る者たちに突然襲撃され、時を同じく鬼邪高の生徒も鳳仙を名乗る者たちに襲われる事件が発生。
仲間が襲撃されたことをきっかけに、両高校は互いに敵対心を抱き、殺気立っていく。楓士雄を筆頭に個性派揃いだが圧倒的力を持つ鬼邪高校。佐智雄を筆頭に一枚岩に組織化された鳳仙学園。夕暮れの河原で両校ぶつかり合う、世紀の頂上決戦が幕を開ける―。

コメントは利用できません。

今後のイベント

  1. Survive Said The Prophet Made In Asia Tour

    9月 20日 @ 6:00 PM - 9:30 PM
  2. WONK「Moon Dance」TOUR

    9月 20日 @ 7:00 PM - 10:00 PM
  3. Ms.OOJA LIVE TOUR 2019「SHINE」

    9月 21日 @ 5:00 PM - 9:00 PM
  4. 吉田美奈子 & 小島良喜 ~The Duet~

    9月 27日 @ 7:00 PM - 9:00 PM
  5. CHEMISTRY LIVE TOUR 2019「CHEMISTRY~Still Walking~」

    10月 11日 @ 5:30 PM - 9:00 PM
ページ上部へ戻る