エンド・オブ・ステイツ

  • 2019/9/29
©2019 Fallen Productions, Inc.

2019年11月15日(金)公開

札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 ※R15+

監督

リック・ローマン・ウォー

脚本

ロバート・マーク・ケイメン

出演

ジェラルド・バトラー、モーガン・フリーマン、ニック・ノルティほか

イントロダクション

ジェラルド・バトラー × モーガン・フリーマン
『エンド・オブ・ホワイトハウス』『エンド・オブ・キングダム』に続く、
全世界待望の大人気アクション・シリーズ第3弾!
『エンド・オブ・ホワイトハウス』(13)『エンド・オブ・キングダム』(16)に続く、米大統領を警護するシークレット・サービス・エージェントの活躍を描くサスペンス・アクション・シリーズ第3弾。
主演は前2作同様、『オペラ座の怪人』(04)『ハンターキラー 潜航せよ』(18)のジェラルド・バトラー、大統領役にはモーガン・フリーマン。 その他、ニック・ノルティも初参戦!

ストーリー

シークレット・サービスの現場トップとなったマイク・バニング(G・バトラー)は、ある日、大統領のアラン・トランブル(M・フリーマン)を護衛中に無数の暗殺ドローンに襲撃される。なんとか大統領を守り抜くも、バニングは大統領暗殺未遂容疑をかけられ、シークレット・サービスとFBIから追われる身となってしまう― 真犯人は誰なのか?目的は? バニングは、アメリカ、そして世界を揺るがす陰謀の渦へと巻き込まれていく―

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る